FC2ブログ

金沢のフルート教室 『田代真佐子フルート教室』

初心者、音大受験生、吹奏楽の指導をしています。東京藝大やウィーンフィルの先生から学んだ経験をもとに音楽のすばらしさ・楽しさを心をこめて伝えていきたいと思っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

4月の勉強会報告

今回はピアノ伴奏の小品の独奏+ぶっつけアンサンブルをしました。

会場のピアノが予想以上に良く、舞台は反響板を立てると結構いい響きとなり

生徒さんもピアニストも気分よく演奏できました!


関係者以外だれもいない、とってもこじんまりした勉強(練習)会ですが

みんなそれなりに緊張もしながら、実力を発揮して下さいました。


成長著しいのは子どもたち。

まず小学校5年生のAちゃん(フルート歴5か月)。ゴセックのガボットをしっかり演奏できました。

中学3年のMちゃんは、ノブロのメロディを演奏。
持前の透明な音色が曲とよく合っていました。フルートを吹くという段階からメロディを奏でるという段階に成長したことを感じました。

高3のKクンは、モーツァルトの協奏曲第2番2,3楽章。
彼の音色を聴いていると銀の笛っていいなあとつくづく思います。

大人の方々も気持ちのこもった音楽を聴かせてくださりとても楽しめました。



ソロを一通り演奏したあと、アンサンブルをしましたが、これがまた性格が出ます。

私を見てお判りのように、フルート吹きって控え目な性格の人が多い。(笑ってるのはだれ?)

練習ナシのぶっつけ本番でしたが、とてもやさし~~いハーモニーの演奏になりました。

ちょっとやさしすぎではありましたが、一人一人がもう少し自信を持ったり、お互いが打ち解けたりすればもっとアンサンブルは楽しくなるでしょう。



最後に、

今回は私自身も少々難曲にチャレンジしました。

1ヵ月前に譜読みを始めたときは最後まで曲を通せるようになるか心配でした。

速いパッセージが続くところは、息も手もつらくて

「14Kをやめて、銀製に替えようか」と本気で悩んだりしました。

なかなか暗譜できない自分に愕然としました。


そんなこんなで苦労しなんとかミスなく通せるところまでさらったつもりでしたが

本番はうまくいかなかったです。


でも、

楽しかった! 全力で練習したから、失敗しても気分が良かったです!! 

勇気を出してチャレンジしてよかった。

もっと練習してレパートリーにしようと決めました。


勉強するって、いいですね。

参加した生徒さんもみんな同じ気持ちでいてくださればいいなと思います。

スポンサーサイト

| 田代のフルート日記 | 18:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://kanazawaflute.blog97.fc2.com/tb.php/206-a9ba63c3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。