FC2ブログ

金沢のフルート教室 『田代真佐子フルート教室』

初心者、音大受験生、吹奏楽の指導をしています。東京藝大やウィーンフィルの先生から学んだ経験をもとに音楽のすばらしさ・楽しさを心をこめて伝えていきたいと思っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

酒井秀明先生のレッスン

久々に酒井秀明先生のレッスンを受けました。

今回一番勉強になった(印象に残った)点は、フルートを演奏する時の呼吸の支えの位置。


フルートの音域の全ての音の最適な呼吸の支えの場所(お腹の高さ)を図に示して下さいました。

それは 
当たり前のことですがフルートの構造の事情とも一致していて、
C足部管の場合とH足部管の場合の2種類がありました。


「言われてみると、なるほどそんな感触だな」

私は演奏における身体の使い方が、まだまだアバウトだなと反省しました。

帰宅して、レッスンで注意していただいたことを思い出しながら
ゆっくり音階を吹いたり、見ていただいた曲をやりなおしたりすると

なんと楽器が思うように操れることか!

しかし、曲を演奏しながらやるとなると至難の業です。


酒井先生はこの支えの位置や息の圧力、楽器を持つ腕の角度などなどを冷静に分析し、
ディナーミックや音色によって調節しながら演奏していらっしゃるのか・・・

さすがです。

プロ中のプロだな と改めて酒井先生を尊敬。


今回のレッスンは非常に有意義でした。

当分は、酒井先生の書いて下さった「支えの位置図」を参考にしながら
自分なりに呼吸法を練習するつもりです。

スポンサーサイト

| 田代のフルート日記 | 00:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://kanazawaflute.blog97.fc2.com/tb.php/98-4e76a110

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。